男性不妊治療効果がある

コエンザイムQ10の服用をしていた時期がありました。
私がすすんで飲みたかったわけでは無いです。
元々コエンザイムが女性の間でお肌の老化を防ぐというのは宣伝等知ってましたし、妻がそれで一生懸命摂取しているの見てましたから。

ところが、結婚後に妻が、コエンザイムQ10には男性の精子を元気にする効果があると、どこからか聞いたらしく、私に服用をすすめて来たのです。
いざ飲むとなると、妻がすすめたとはいえ胡散臭いものではないかと思ってしまい、ネット等で検索してみました。
20歳前後をピークに加齢と共に減少する補酵素で、体内から減少すると直接老化現象につながるものでありますと、これを摂取することで、減少するコエンザイムを増やし老化を抑制する、もしくは改善することに繋がっていくという事です。

実際飲んでみて、肌ツヤがよくなる等美容効果は感じました。
そして、肝心の男性の精子を元気にするとの事ですが、流石にそれは実感するのは難しいですね、見えないモノですし、これに関しては研究結果があるらしいですが、コエンザイムQ10を摂取することで精子の運動率が改善されると臨床試験により確かめられたそうです。

様々な国での臨床結果で効果が確認されたようで、例えば、1日200mgのコエンザイムを半年摂取すると、血中や精子の細胞中のコエンザイム濃度が高まると共に、精子の運動率が改善されたそうです。
男性不妊患者の精液中の抗酸化能力を高め、酸化ストレスを低減させるのに有効であると結論つけています。
飲んだ人と飲まなかった人では明らかな差が出るそうです。

近年若者は環境変化や食生活の影響か精子の数が少ないと発表されていて、妊娠能力が低いと言われてます、精子の数が少ない欠精子症、精子運動性が低下している精子無力症、精子の形に異常が見られる奇形精子症などが男側の不妊の状態です、一部の国だけでなく多くの国の臨床実験で、このサプリ摂取で状態の改善が確認されているという事ですから、希望のある話です。

不妊治療でこの補酵素が活用されているという事は知らなかったです。
美容目的でアンチエイジング効果が高いサプリである印象だけが強かったです。
私も妻にすすめられサプリ摂取が要因かは解らないですが、摂取中に無事妊娠させ、元気な子を作る事が出来ました、卵子も精子も細胞が活発に働く事が大切で、加齢と共に減少する補酵素を積極的に取るのは大切かもしれません。

男性、女性どちらともの不妊治療にマカも効果があるそうです。
それはマカにホルモンバランスを整える働きがあるからです。

女性特有の悩みであり、女性の不妊の原因である生理不順にはプラセンタが良いです。

プラセンタのその他の情報


文字サイズ
大 中 小
Copyright© 2010 CoQ10 Blog All Rights Reserved.