コエンザイムQ10の過剰摂取による副作用

コエンザイムQ10というサプリメントはみなさんももうご存知でしょう。
私たちの全ての細胞に既に含まれているエネルギー生産をするための栄養素ですが、これが生活の乱れや仕事のストレスで減少してしまうのでできるだけサプリメント等で補いながら生活するのが良いという話しで私自身もコエンザイムのサプリメントをたまに飲むようにしています。

私が飲むのはおおよそ週に2回から3回でどの時でも他のサプリメントと一緒に服用するようにしています。
コエンザイムの働きでその栄養吸収効果を高めることができるためで、風邪をひいている時等はサプリメントと一緒にコエンザイムを摂取するとその治りが早いのでよく利用しています。

しかし、このコエンザイムのサプリメントも過剰に摂取してしまうと身体に害があるので控えめに摂取する必要があります。
どんなサプリメントでも同じですが過剰に摂取すれば副作用が出てきます。
例えば食品であっても過剰に食べたり飲んだりすれば致死量というのがあるのでサプリメントではその栄養が凝縮されている分、過剰摂取には注意が必要です。
私はサプリメントは必ず朝に飲むようにしており、それ以外の時間帯にはほとんど飲みません。

それ以外の時間に飲んでも過剰摂取になってしまうので一日1回決まった時に飲めば十分栄養補給がナきるので心配いりません。
サプリメントに頼っている人の多くはそのサプリメントをまるで食材のようにがぶ飲みしている人がいますが、飲み合わせや量なども良く考えて飲むようにしないと逆に不健康で副作用の可能性も上がるので注意が必要です。

コエンザイムQ10のサプリメントは日本だけでなく世界中で飲まれており、海外ではその飲み方によっては病気を助長する場合もあるようで注意喚起が多くされています。
日本では病気を既に持っている方はその飲用を控えた方が良いでしょう。
病気の種類によっては例えば心筋梗塞などを持病にしている方がコエンザイムQ10を摂取するとその病気を悪化させてしまう恐れもあるのでよくお医者さんと相談して飲むようにするのが良いでしょう。

他にもアレルギーの薬や花粉症の薬などとサプリメントは一緒に飲まないようにした方が良いです。
以前私が花粉症の薬と一緒にコエンザイムを飲んだ時にその花粉症の薬の副作用である眠気が異常に強くなって襲ってきて仕事ができなくなるほどの状態になってしまいました。
その飲み方には本当に気を付けた方が良いでしょう。
これはサプリメントであればどんなサプリメントにおいてもあてはまる事なので、せっかくの良い効果を持ったサプリメントを最適に活用できるように工夫して注意して飲用するようにしたいものです。

私も何度か経験していますが下痢や腹痛くらいならば良いですが、普通に飲んでいた薬が睡眠薬のようになったり、吐き気を催すようになっては毒になってしまうので量を程ほどに守って飲みたいです。
コエンザイムQ10はその飲み方や飲む方の体調、健康状態に注意する必要があります。

あまり多く飲み過ぎてもいけませんし、少なすぎても意味がありませんので私のように週に数回だけ飲むようにするのが適切だと思います。
私は隔日で飲むようにしているのでより効果的でかつ経済的に飲用する事が出来ています。

プラセンタのその他の情報


文字サイズ
大 中 小
Copyright© 2010 CoQ10 Blog All Rights Reserved.