コエンザイムQ10でシミと戦った日々

私はどちらかと言うと、メイクは濃いほうで、特にベースメイクをしっかりやる^イプです。
ファンデーションも一段階濃いカラーをチョイスし、出来る限りのシミを隠す努力をしてきました。
そんな私がシミと戦った日々の事を、ご紹介したいと思います。

私は、シミはさほどありませんでしたが、やはりアラサーになって、目の周りが目立つようになってきました。
始めは気にしませんでしたが、一つ一つ増えるにつれて、どんどん気になっていき、エステサロンでレーザーで取ってもらうことにしました。
レーザーを当ててのシミ除去の施術です。
少し痛みを伴いましたが、すぐにお化粧も出来て、効果を期待しておりました。
しかし、待てど暮らせどシミは治りません。

サロンのスタッフさんに尋ねたところ、数ヶ月しないと効果が出てこないとのこと。
私は数ヶ月そして数年間、術後の変化を待ちました。
しかし、変化は一向にありません。
私は半ば諦めモードで、美白化粧品を使用していうことにしました。
初めての美白化粧品です。

大手メーカーが大々的にプロモーションしている化粧品でした。
私は、そのメーカーが大好きですので、ワクワクしながら化粧品を使いました。
こってりしたテクスチャーで、肌にとてもなじみます。

その化粧品のお陰か分かりませんでしたが、約1年ほど化粧品を使用することで、若干目の周りのトラブルは解決されてきました。
私はその化粧品のすっかりファンになってしまいました。
しかし、そんな日々は長く続かなかったのです。
その化粧品は非常に品質が良いのですが、お金が持ちません。
私はまたスタートラインに立った気分でした。
その後、私は妊娠をし、出産を経験しました。

妊娠や出産、そして育児をしていると、あまり肌のことを気にすることはありませんでした。
気にしなくなったと言うよりは、そのような時間や余裕が持てなかったと言ってもよいかもしれません。
子育てに追われながら、月日は流れていきました。
そして、子どもが幼稚園に入学する時期を迎えた際、私は、入学式に着ていく衣装を合わせていました。
春の入園ですので、春らしい白のカラーです。

白のワンピースを着てみると、自分の顔が大変黒い事に気が付きました。
幼い頃から、顔は黒くて健康的な状態でしたが、今は30歳を超えております。
肌がくすんで汚い状態であれば、せっかくの我が子の晴齦荘艪ェぶち壊しになってしまいます。
そこで私はインターネットを駆使して、シミが撃退出来る方法を調べました。
やはり、クリニックやレーザーの施術を受けた方が良さそうでしたが、子どもを持つ母親として、そのような時間やお金は存在しません。
そこで私はサプリメントに目を向けました。
そこで目にしたのは、コエンザイムQ10のサプリメントです。

値段もお小遣い程度で帰るので、手頃です。
安いのであまり、過剰な期待をするわけでもなく、試してみると、そのサプリメントの成果か分かりませんが、シミが少しずつ薄くなったような気がしました。
アラサーを超えると、中々肌トラブルを解決するのは難しくなってきます。
そんな中でもコエンザイムQ10は、私にとって必要不可欠な存在になってしまいました。
いつまでも綺麗な母親でいたいという気持ちが、このサプリメントに込められているような気がします。

プラセンタのその他の情報


文字サイズ
大 中 小
Copyright© 2010 CoQ10 Blog All Rights Reserved.