コエンザイムQ10で全身の美容ケア

私は、つい最近まで自分は若く見える方だと思っていました。
昔から、年齢を言うと驚かれることが多く、30代半ばになってからも30歳を超えているようには見えないといろいろな方に言っていただけました。

職場に入ってきた10代のアルバイトの子からも、20代前半で職場で一番若いと思っていましたと言われて、すっかり自分はまだまだ若いしいけてると思い込んでいました。
私が働いていた職場では、よく写真を撮っていたのですが、その写真に写る自分を見ると我ながら確かに若いです。
しかし、そのことにすっかり胡坐をかいていたのが大きな間違いです。

20代の頃には、自分が老けていかないようにと、朝晩のお手入れをしっかりとしてシミを1つ、シワを1本でも見つけてしまったら高い美容液を購入して全身をしっかりケアしたものです。
結婚してからは、節約のために高い化マ品を買わなくなったので、以前のようにしっかりとしたお手入れはしていなかったものの、安い化粧品でもきちんと手入れを怠りませんでした。

そして、37歳で長い不妊治療の末に可愛い男の子を授かったと分かった時には、子供のためにも若くてきれいなお母さんでいようと強く思ったものです。
妊娠中は、仕事を辞めたこともあり、毎日安いながらもしっかり美容パックをしたりマッサージもして全身若返るように工夫し続けていました。
出産直後には、産院で何度もすっぴんで子供と一緒に写真に写っていますが、やはり実年齢よりもだいぶ若く見えて大満足です。

しっかりケアをした甲斐があったなと、写真に若く写っている自分の姿にすっかり気を許してしまいました。
あれから一年、完全母乳育児をしていると、食べても食べても太らないという話を信じて、赤ちゃんのためだからと欲望のままに毎日たくさん食べています。
そして、子供と一緒にいつでも寝られるようにと家の中ではジャージとTシャツというすごくラフな格好で過ごすようになりました。

夜は、子供と一緒にお風呂に入った後には寝かしつけないといけないので、ついつい顔の手入れはおろそかになり、洗顔後2時間近く何もつけないままにいることもよくあります。
朝は朝で、めんどくさくて水で顔をさっと洗ってお手入れ完了という日もよくありました。

こうして、出産した後は子育ての大変さと寝不足を理由に、かつてないくらいにだらしがない生活をし続けていました。
そして、子供の1歳のお誕生日会で、普段は自分を撮影することはないのですが、せっかくの記念なので子供と一緒に何枚かデジカメで静止画も動画も撮影してもらいました。
そこに写っている自分を見て、ものすごくショックを受けました。

激太りして完全二重あごにでっぷりとしたお腹、たれているのが分かるおっぱい、そして、顔がまるまるして豚にしか見えません。
しかも、怖いくらいに顔にシワがたくさんあり、とても30代には見えません。
完全に中年のおばさんです。
一年前の自分とは全くの別人です。
このことがすごくショックで、痩せることと若返ることを決意しました。

若い頃に愛用していて効果を実感していたコエンザイムQ10を配合した化粧品とボディークリームを購入し、朝晩しっかりお手入れをします。
それに、身体の内側からも若返ろうとコエンザイムQ10を配合したサプリメントも飲み始めました。
コエンザイムQ10は、若返り効果のある美容成分で年齢と共に減少していきます。
肥満の改善、しわやくすみを改善してアンチエイジング効果があるなど今の私にはぴったりの美容成分です。
独身の頃にずっと愛用していて、当時は肌の老化が止まっていたと実感していたので、再び購入しました。
ただでさえ高齢出産の私が、実年齢よりも老けてしまうのは子供にとっても嫌な思いをさせてしまうかもしれません。
なので、それに気が付いた今が若返るチャンスだと思って、子供のためにもしっかりダイエットして若返ります。

プラセンタのその他の情報


文字サイズ
大 中 小
Copyright© 2010 CoQ10 Blog All Rights Reserved.