コエンザイムQ10を摂取することで得られた効果

私の祖父と祖母が癌で他界し、父親もがんを患ったので、遺伝的に言うときわめて癌になる確率が高いような気がしています。
さらに血圧も高めです。
そのため、癌予防のためにコエンザイムQ10を摂取することにしました。
一般的にドラッグストアなどに販売されている健康食品でカプセル状のものです。
血圧は高血圧とはいくまでもなく、やや高めという状態です。

健康食品なだけにそれほど期待はしていないというのが正直な気持ちです。
コエンザイムQ10 は学名をユビキノンといわれるビタミン物質で抗酸化作用があると言われています。
食品の酸化防止物質にビタミンCなどが利用されることがありますし、癌の免疫療法に高濃度ビタミン療法があります。

このことから考えても強力な抗酸化作用があるコエンザイムQ10はガン予防をはじめとする多くの生活習慣病の予防となると考えて、試してみることにしました。
詳しくコエンザイムQ10の効果効能について調べてみると、アンチエイジングの効果やダイエット効果、疲労回復効果、生活習慣病の予防効果があるということが分かりました。

摂取し始めて1年余りが経ちますが、家族が全員風邪をこじらせたのですが、同じ空間に生活していて私だけ風邪をひくことがありませんでした。
このことと、コエンザイムQ10摂取との関係があるかないかはわかりませんが、ここ数年で一度も風邪をひかなかったということは今年のみであるので、摂取との関係があるのではないかと考えています。
血圧はやや高めであったのですが、120の80と安定しているように思います。
人は年をとると体の各所で老化が始まり各部の機能が低下し衰えてきます。
皮膚のたるみやシワ、白髪などの様々な老化現象があります。

コエンザイムQ10には細胞の再生を促進する働きがあるため、そのことが新陳代謝を高め老化の抑制を図るということになります。
さらに体に必要なエネルギーの生産を助ける働きがあるためエネルギー生産の能力が上がることで体内で吸収されることなく残留した脂肪を燃焼させる働きがあります。
紫外線によるダメージや肌の乾燥も年齢とともに肌のハリや潤いを無くし、シワやシミとなって現れます。
シワやシミの原因は血液の酸化による原因もあり、抗酸化作用のあるコエンザイムQ10は、肌細胞の再生を活発にすることでハリや潤いを保ちます。
基礎代謝が上がったことで、ここ最近のコンディションもよく、疲れるということもありません。

仕事の付き合いでお酒を飲む機会が多いのですが、断ることが出来ずに2軒目3軒めと夜遅くになることが多くそのような時はいつも二日酔いとなっていたのですが最近では、全く2日酔となることもありません。
もともと人間の体に備わった免疫力によって外部からのウイルスや癌細胞の癌化から体を守っています。
この免疫力の機能を活性化させる働きがあるので癌を防ぐ効果があると言えます。
実際に癌の治療に医療の現場でも使用されています。

これら多くの効果をもつこのサプリメントですが、摂取していることの効果を実証するものではありませんが、1年前と比べて確実に基礎代謝力が上がりコンディションがが良いため摂取を続けようと思っています。

プラセンタのその他の情報


文字サイズ
大 中 小
Copyright© 2010 CoQ10 Blog All Rights Reserved.