コエンザイムQ10で楽ちんアンチエイジング

美容と健康に興味のある方はご存じでしょう。
何年か前に美容クリームとして一世を風靡した美容クリームにもありました。
顔のしわがなくなるとのうわさでコエンザイムQ10入りのクリームは人気商品でした。
当時はいくつかのクリームを比べて使ってみたものです。

周囲の人もよく使っていましたね。
たくさん入っているものが効いたような気がしました。
本当にしわが目立たなくなったので、それ以来、お値段的にはお高めではあるものの、美容クリームはコエンザイムQ10 入りのものをよく使用しています。
最近ではサプリメントとして売れていますね。
コエンザイムQ10は人間の基礎エネルギー「ATP」(アデノシンシリン酸)です。

これは補酵素というそうです。
人間の細胞の最小単位であるミトコンドリア内に存し、強力な抗酸化作用を持ちます。
加齢とともに不足をして、20歳頃から減少し、40歳前後には不足気味になります。
1日に30〜60mg必要量とし、うっ血性心不全に有効とされています。
食品で摂取するとなると、1日に牛肉900g、いわし6匹分食べないと取れません。
そんな量を毎日は摂れないため、サプリメントで摂るかたもいます。

心臓病治療にも使われ、アンチエイジングにもなるコエンザイムQ10 はほかにもいろいろな効能があります。
その他、がん、高血圧、歯周病、動脈硬化、神経疾患、アルツハイマー、美肌、若返りに効き目があるとされています。
体内の脂肪酸を燃焼させるので、ダイエットにも効果があります。
飲むだけで痩せるなんて、とても優秀なサプリメントですね。
私も40歳を過ぎて、アンチエイジングもダイエットもしたいので、コエンザイムQ10 なら、それらの問題が一気に解決できるんではないかと思い私も試しに飲んでみました。
今はまだ実感として効き目がわかりづらいですが、飲んですぐ効き目が出るというわけでもないでしょうから、効果がでるまでにはかなり時間を要すると思います。
でも比較的、簡単楽ちんアンチエイジングができるのではないでしょうか。

昨今は数多くの健康食品、サプリメントが出まわっていますが、このお年頃の気になることをたくさヤ羅しているとても優秀なサプリメントです。
若返りサプリメントと言ってよいでしょう。
ただ、サプリメントは医療品と違って、消費者の自主管理なので注意が必要です。
品質管理の保障がないので、自分が気を付けて選ばねばなりません。

大手メーカーなら安心だと思います。
逆に何か弊害というか副作用については、以前新聞記事になったようですが、スタンチン治療をしていて、コレステロール低下薬を飲んでいる人はコエンザイムQ10 の量が減ってしまうらしいです。
そのほかは、アルツハイマーの患者に投与したら改善がみられたとのことで、その臨床実験については特に副作用は認めれませんでした。
とりあえず、自己管理ということで、信頼できるメーカーと販売店を選ぶ、あとは摂取しすぎに注意すべきでしょうか。
とにかく私も愛用しているくらい、世界的規模でとても人気のあるコエンザイムQ10は試してみる価値があると思います。
体質によって、そのサプリメントお合わないこともがありますが、合う方にとっては美容と健康の守り神になってくれるでしょう。

プラセンタのその他の情報


文字サイズ
大 中 小
Copyright© 2010 CoQ10 Blog All Rights Reserved.