優れた成分コエンザイムQ10はアンチエイジングにも

コエンザイムQ10は、元々体の中で合成される成分で、元気に若々しく過ごすためには大変重要な栄養素です。
しかし、体内のコエンザイムの量は、加齢とともに減少し、最も重要な臓器である心臓では、40代で30%、80代では50%が失われるのです。
体内のコエンザイムQ10が不足すると、心臓の機能が低下し、その結果、慢性的な疲労感に見舞われたり、足のむくみ、動悸、肥満などになる傾向があります。
そのほか様々な生活習慣病や疾病になる可能性も高くなると言えます。

人間の体の中にある細胞膜は、活性酸素により大きなダメージを受け、酸化されます。
細胞膜は、必要な栄養素を取り入れたり、最近から身を守ろうとする働きがあります。
したがって、この細胞膜が酸化されるということは、健康維持のため様々な悪影響を及ぼすことになるのです。
この、細胞膜の酸化を防ぐためには、コエンザイムQ10などの抗酸化物質の摂取が必要ということになります。

もちろん、コエンザイムQ10は、イワシや牛肉などの身近に食べられている食品からも摂ることができます。
しかし、食品に含まれている成分の量は大変少ないので、市販されているサプリメントからも摂ることが望ましいのです。
その必要性から、様々な会社から市販されているコエンザイムQ10のサプリメントは、含有量や、吸収量もそれぞれ異なります。
したがって、食生活なども考慮して、自分にあったものを選ぶようにします。

摂り過ぎによる副作用はいまのところありませんが、どんな栄養素でも適量があるので、必要な分飲むようにします。
また、コエンザイムQ10のサプリメントは、薬ではなく、もともと体の中にもある栄養成分なので、摂り始めてすぐに劇的な効果が出るとは限りません。
継続して摂取することにより、減少している体内のコエンザイムの濃度が上がり、徐々に効果が実感できます。

したがって、ある程度の期間飲み続け、効果が感じられたあとも継続することがアンチエイジングや健康を維持する秘訣です。
そして、この成分は、ビタミンEやビタミンCと結びつくことにより、抗酸化力を発揮し、細胞膜や遺伝子の酸化による変質を防ぐ重要な働きを持っています。
そのため、ビタミンEを多く含むうなぎやナッツ類、小麦胚芽、ビタミンCを多く含む柿、レモン、みかんなどのフルーツや、野菜なども積極的に食べるように心がけることも大切です。

コエンザイムQ10には、大きく分けると酸化型と還元型とがあります。
体内に取り入れた場合、酸化型の方は、体の中で還元型に変換しなければならないので、あまり効率が良いとは言えません。
特に、お年を召した方は還元型は、体内に入った時に還元への変換がいらないので、余分なエネルギーを使わず、直接働くので、パワーが実感できます。

尚、バランスの良い食生活と適度な運動や睡眠は、健康維持やアンチエイジングには欠かせないので、サプリメントだけに頼りすぎないことも大事です。
元来は心臓の治療薬として病院で使われていた成分が、シミやシワを防ぎ、血行をよくするためクマも解消して美肌になる。
疲れにくくなり、肥満や二日酔い、激しいスポーツのあとにも効果的に疲労を回復するという様々な効果はたいへん魅力的です。

プラセンタのその他の情報


文字サイズ
大 中 小
Copyright© 2010 CoQ10 Blog All Rights Reserved.