コエンザイムQ10で健康維持を

コエンザイムQ10は、いろいろな国で健康食品として健康維持のために摂取されています。
コエンザイムQ10のおすすめポイントについて見ていきます。
1つ目は、エネルギー生産に欠かせない点です。

人間の体は生命を維持するためにエネルギーが必要で、そのエネルギーはATPと呼ばれています。
このATPと呼ばれるエネルギーを作り出すためにコエンザイムQ10がどうしても必要なのです。
エネルギーを作るのは各細胞にあるミトコンドリアです。
このミトコンドリアの中にコエンザイムQ10は存在していますが、この成分抜きにはエネルギーが生産できません。

言い換えれば、この成分が不足するとエネルギーが作れず体内の内蔵を動かすエネルギーも作れなくなるということですB
この成分は体内でも生産されますが、年をとると生産量は減っていきます。
20歳以降減り続け、40歳以降は体内生産量だけでは不足するので食べ物等、体の外側から補給したほうが良いのです。
2つ目のポイントは、強い抗酸化作用があるということです。

活性酸素は人間が生きている限り発生し続けるものですが、体を酸性化させ、ガンや脳卒中、心臓病などは、この活性酸素が原因ではないかと言われています。
また、お酒、たばこ等の摂取により活性酸素は増え、ストレスを抱えることでも活性酸素は増えると言われているのです。
さらに紫外線により、肌にできるシミやしわも活性酸素が原因です。
これらの原因と言われている活性酸素を抑えるのが、抗酸化作用を持つ成分です。

ビタミンCやビタミンE、ポリフェノールと共にコエンザイムQ10も強い抗酸化作用を持っていて、健康維持、健康増進に役立っているのです。
つぎに、コエンザイムQ10はどのぐらい摂取する必要があるか、またどのように摂取すべきかについて挙げていきます。
この成分は1日に30ミリグラムから60ミリグラム摂取すると健康増進、老化防止に役立つとされています。

この成分を多く含む食品は、イワシやサバなどの魚、牛肉や豚肉などの肉類、野菜ならほうれん草、ブロッコリーなど色の濃い緑黄色野菜です。
とくに肉類の中でもモツやレバーにはこの成分が多く含まれています。
またピーナッツや大豆などの豆類や、牛乳、チーズなどの乳製品にも含まれています。

このように見ていくと食べ物は好き嫌いせず、満遍なくいろいろな種類を食べることが、この成分を十分に体内に摂取し、エネルギーを作り出し、活性酸素を撃退するのに役立つと言うことがわかります。
しかし、残念ながら、食べ物だけで1日の理想的な摂取量30ミリグラムから60ミリグラムを摂取するのは難しいのです。
そこで、とくに40歳以上の方にはサプリメントからもコエンザイムQ10をとることをお勧めします。

サプリメントも、パウダー、カプセル、ドリンクに入っているタイプとタイプも種類もたくさんあります。
サプリメントは目的の成分の含有量をきちんとチェックしてから選びましょう。
できれば天然由来のサプリメントが安心です。
もちろんコストパフォーマンスも重要です。

利用者の口コミなども参考に自分に合ったサプリメントを選びましょう。
食べ物やサプリメントからこの成分を摂取し、自分の体のエネルギー生産を助け、活性酸素を撃退しましょう。
より健康で若く元気な体に変えていきましょう。

プラセンタのその他の情報


文字サイズ
大 中 小
Copyright© 2010 CoQ10 Blog All Rights Reserved.