筋トレのスランプをコエンザイムQ10で克服する

子供の頃から野球をやっていたので、小中高とずっと野球部に所属していました。
今はもう野球をやることなど、ほとんど無くなってしまいましたが、何か運動をしたいなと思い、筋力トレーニングを始めるようになりました。
野球部にいた頃は、特に高校生の時に専門のトレーナーに学校に来てもらい、トレーニングルームでウエイトトレーニングをよくやっていたので、馴染みはありました。
スポーツクラブに友人が勤めているので、そこの会員になり、仕事終わりの夜に行っていました。

最初にメニューを作ってもらい、それに従ってやっていたのです。
初めにエアロバイクで30分くらい有酸素運動をして汗を流してから、筋トレをやるのですが、胸の筋肉と腕の筋肉を太くしたいと思っていたので、必然的に上半身のメニューが多くなりました。

胸は大胸筋という大きな筋肉があり、ウエイトトレーニングではベンチプレスなどの種目を10回3セットを目安に行いました。
インストラクターの方から「ブリップの持ち方」や「呼吸のやり方」などを教えてもらい、より効果のある筋トレを教わったのです。

そして一通りメニューが終わったら、プールへ行って泳ぐのですが、これも20分くらいを目安にクロールで泳いだり水中ウォーキングをやってみたりしました。
最後にお風呂に入ってサウナで更に汗を流してすっきりするので、2時間はスポーツクラブにいることになります。
通っているうちに習慣化してくるので、行かないと気持ち悪い感じになるまでに身体が慣れてきたのです。

すると筋力も上がってきたのですが、ある一定のところから止まってしまったのです。
メニュー組んでやっていて、もう少しレベルアップをしたいと思っていたのですが、どうしても上がらなくなりました。
トレーナーの友人に相談すると「筋肉のXランプ」ということを言われ、どうしたらスランプ状態を脱出出来るのか聞いてみたのです。
すると栄養が足りないかもしれないので「還元型コエンザイムQ10」を摂ってみると良いと言われました。

コエンザイムQ10は知っていたのですが、筋肉にもいいというのは知らなかったので、どういう効果があるのか調べてみました。
すると、細胞を若々しくする作用には血管が強くなるというのがあるので、新陳代謝が活発になると、筋肉に対して筋肉痛などの修復が早くなり、もっとも筋トレでは大事になる休息時の「超回復」を血流が回復することによって、促してくれるようになるという事でした。

どうやらわたしはトレーニングに慣れてきてしまって、筋力を上げるための負荷を上げたりはしていたのですが、体というのは、ゆっくりと休めることも筋肉には必要なので、その休息が短かったのと、栄養が足りなくて血流から身体を修復してくれる作用が遅れていたので、トレーニングをやればやる程、効果が下がってしまっていたのです。
それがわかったので、さっそくコエンザイムQ10を摂るようにすると、たしかに疲れも回復が早く筋力が出るようになってきたので、とても驚きました。

自分で気にして摂っていたのは、プロテインでしたが、こういう栄養がないと筋力はレベルアップがしないのだと実感しました。
わたしは筋トレを始めたのが遅い方でしたが、いまではかなりムキムキになってきました。

プラセンタのその他の情報


文字サイズ
大 中 小
Copyright© 2010 CoQ10 Blog All Rights Reserved.